美容皮膚科の治療【専門的知識を持つ医師から丁寧な施術を受ける】

しみ治療の種類

女性

種類や特徴を知ろう

頑固なしみでも美容皮膚科ならしっかり綺麗に消し去ることができます。美容皮膚科クリニックではほとんどのしみがなくせます。ただし、治療後のスキンケアを丁寧にしないと、またしみが再発するリスクが高まるので注意が必要です。しみ治療の代表的なものがレーザーです。レーザーはとても効果が高く、一回だけの施術でも消せるのがメリットです。ただし、治療をしたあとはレーザーをあてた部分が陥没して多少の出血があるので、3日ほど保護するための肌色のテープを貼っておく必要があります。出血したあとがかさぶたになれば、数日で剥がれてなくなります。そして治療をしてから3か月から半年ほど経過すれば、しみがない肌に生まれ変わります。テープを貼りたくないなら、フォトフェイシャルがお勧めです。フォトフェイシャルならレーザーと比較すると低刺激で、出血や痛みなどがないです。ただし、一回あたりの効果が弱いので、一回きりの施術ではしっかりと効果がない場合もあります。三回四回と何週間か置きに続けて照射をすると効果が出てきます。美容皮膚科クリニックでしみを簡単に消したいと相談すると、だいたいレーザーかフォトシェイシャルが勧められることが多いです。レーザーはピンポイントで狙いを定めて、光線を照射して根深いしみを消す治療です。小さなしみなら治療は5分もかからず終わり、麻酔なしでも痛みはほぼないです。直径3ミリ以下のしみのレーザー治療の場合なら、一個3千円〜5千円くらいの費用で受けられます。フォトフェイシャルも肌に光の一種を照射する美容皮膚科クリニックのしみ治療です。点ではなく面で当てていくのがレーザーとは違うポイントです。頬全体にあるそばかすや何個かあるしみやニキビ跡などを一度になくしたい人におすすめです。フォトフェイシャルの場合は出血はなく、治療したあとにテープなどを貼る必要はないので、エステ感覚で利用できます。一回あたりの施術料金は6千円〜1万円ほどです。このようにしみを消す治療でも特徴や治療したあとの経過などが違うので、自分のしみの種類や予算やライフワークに合ったものを選ぶことが大切です。